2022年4月から中小企業でもパワハラ防止法が実施されるなど、ハラスメントに対しては社会的にどんどん厳しくなっています。
今回は、Netflixが取り組んでいるリスペクト・トレーニングについてご紹介します。

ストレスチェックサポートセンターの概要は『こちら』

リスペクト・トレーニングとは?

リスペクト・トレーニングとは、職場でのハラスメント防止のための取り組みです。Netflixの制作現場では、監督をはじめプロデューサー、役者、撮影クルー等関係者全員がこのトレーニングを受講するまで撮影はスタートできません。

トレーニングでは、セクハラ・パワハラといったハラスメントに対しての理解を深めると同時に、さまざまなケースに対して受講者が意見を交わします。

撮影現場においてあだ名で呼ぶのはアリなのか、無しなのか」のような、はっきり「ハラスメント」だと断定しにくいケースを扱うため、受講者は考える機会が得られます。トレーニングと銘打たれている通り、「相手にリスペクトを持って接することができているか?」と自問し、考える力を養うのが目的です。

映像作品の撮影では、昔は怒号が飛んだり、時にはスタッフへ暴力が振るわれたりする現場もあったといいます。しかし、ハラスメントに対する意識が変化した現代に適応する労働環境を作らなければ、若者の業界離れは避けられません。また、日本には俳優の労働組合がないため、権利が守られづらい側面があります。リスペクト・トレーニングの浸透によって声をあげにくい現状の改善が期待されます。

Netflixの本拠地であるアメリカではすでにリスペクト・トレーニングが浸透しつつありますが、日本ではまだまだ聞きなれない言葉。Netflixオリジナルの日本語作品では、2019年の『全裸監督』以降に撮影されたものはすべてリスペクト・トレーニングが実施されているそうです。

良質なコンテンツで幅広い世代から注目を集めるNetflixの取り組みだからこそ、業界全体を巻き込み、今後より注目度は高まっていくでしょう。

 

なぜ拡大したのか?

アメリカで「リスペクト・トレーニング」が広がり始めた背景には、「#Me Too運動」の影響があります。セクハラや性的暴行の被害をSNSなどを通じて明らかにするこの運動は、ハリウッドの有名映画プロデューサーから被害を受けた女性たちによる告発をきっかけに、2017年から急速に広まりはじめました。

仕事だから」「有名になるためには仕方ない」と不当な状況を受け入れざるを得なかった人たちが声をあげたことが、ハリウッドに変化をもたらす起点になったのです。日本でも、園子温監督のハラスメント騒動が話題になっていますね。

園子温監督の作品に出演した私が言いたいこと

こういう業界ではすまされない

Netflixでは作品のクオリティー向上のため、撮影機材やセットなどの設備だけでなく、制作に関わる人たちの働きやすさにもどんどん投資しています。長年、特殊な業界と見られてきた芸能界でも働く人の尊厳を守るための動きが活発化しつつあります。どのような職場においてもコンプライアンスの順守は必須であり、もはや「うちはそういう業界だから」「ここの会社では古くからこうだから」では済まされないのが現状です。

Netflix以外にもリスペクト・トレーニングが行われており、今後日本でも取り入れていく企業が増える可能性があります。

HTBがリスペクト・トレーニングを研修

まとめ

今回はNetflixが取り組んでいるリスペクト・トレーニングをご紹介しました。ハラスメントを撲滅していくための動きが活発化してきています。この記事が職場のハラスメント改善のためのヒントになれば幸いです。

当センターのストレスチェックサポートではご担当者様にご用意していただくのは受検者リストのみとなっており、ご負担の削減が可能です!ぜひご検討ください。

資料請求はこちらから! 申込書や受検者リストのテンプレートも現在無料で公開しております。

資料請求

ストレスチェック制度についてご不明点等ございましたら下記よりお気軽に問い合わせください。

問い合わせ

ストレスチェックの導入や業者変更を考えられているご担当者様がいらっしゃいましたら、『見積フォーム』よりお問合せください!所要時間3分で簡単お見積りができます!

個人情報の利用目的と管理について お預かりした個人情報は当社へ問い合わせ対応のため使用します。お預かりした個人情報は管理責任者を責任者と定め漏洩等の事故防止対策をとります。 個人情報の第三者への提供 ご提供頂いた情報は、法律による場合ならびに公的機関からの要請を受けた場合を除き、本人の了承なしに第三者に提供することはありません。 情報提供の任意性 情報の提供は任意ですが、ご了解いただけない場合には問い合わせに回答できませんのでご承知置きください。 個人情報のご相談、苦情、開示など この個人情報は、開示対象の個人情報に該当しており、情報の開示等に関しては、適切な本人確認を行わせていただいたうえで対応させていただきます。 個人情報のお問合せ、ご相談、苦情、開示、訂正・追加・削除、または利用の停止・消去、第三者への提供の停止等をご希望の方は、下記にお申出ください。 また、ご希望の処置の全部または一部に応じられない場合はその理由をご説明いたします。

連絡先 〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目5番6号 桜橋八千代ビル4階 シー・システム株式会社 苦情相談窓口 宛
Mail: info@stresscheck-s.com  TEL 06-6136-5969