各種オプションについて

事前準備補助 ストレスチェック実施に活用できる社内規定、従業員へのストレスチェックの実施案内文、面接指導の申出書などの各種書類のテンプレートをご提供します。貴社の状況に合わせて編集していただき、ご活用ください。 5年間のデータ管理 ストレスチェックの実施の結果は、5年間の保存が義務付けられています。ストレスチェックサポートセンターでは、貴社の大切な実施結果を5年間、当センターのサーバー内にて保管いたします。 実施者の就任...
高ストレス者が面接指導を申出しやすいコツ!

高ストレス者が面接指導を申出しやすいコツ!

ストレスチェック制度における面接指導とは? ストレスチェックの実施後、高ストレス者(面接指導が必要)と判断された従業員が自ら申出を行った場合、事業者は医師による面接指導を実施する必要があります。面接指導で担当の医師は、従業員の「勤務状況」「ストレス状況」を聴取しストレス要因を把握します。そして、医師は従業員個人へストレスへの対処指導、専門機関への受診勧奨や事業者へ就業上の措置を含めたアドバイスを行います。つまり面接指導は、従業員のメンタルヘルスを守るために重要な役割を担っています。 高ストレス者と判定された従業員が申出をしない?...
ストレスチェックの実施はいつまでに何をすればいい?

ストレスチェックの実施はいつまでに何をすればいい?

“11月30日までにどこまでやらなければならない?” 「面接指導まで?」「労働監督基準局への報告まで?」と疑問に思われている方がいらっしゃいます。ストレスチェックの実施計画をたてる上で、貴社の状況にあった実施日を設けることが重要ですが、11月のリミットも一つの指標として大切です。 “従業員がストレスチェックを受けられる状態にあればよい” ・紙での実施の場合、従業員へストレスチェックの回答シート配布 ・Webでの実施の場合、従業員が端末からいつでも受検できる環境...
職場に活きる集団分析

職場に活きる集団分析

集団分析とは? ストレスチェック実施の目的の一つに『ストレスの原因となる職場環境の改善につなげる』ことが挙げられています。集団分析は、ストレスチェックの個人分析結果を「部署」「職位」「年齢」などの集団単位で集計し、その集団としてのストレス状態の傾向や特徴を示すことができます。そのため、集団分析を行うことでストレスチェック実施後の職場改善につなげやすくなります。 集団分析は、事業者にとって有益な情報?...
事業者がやらなければならない4つのこと

事業者がやらなければならない4つのこと

ストレスチェック制度 2015年12月厚生労働省より「ストレスチェック制度」が施行されました。ストレスチェックとは、ストレスに関する質問票に従業員が回答し、それを集計・分析することで、自身のストレスがどのような状態にあるのかを調べる検査です。 ストレスチェック制度概要 ストレスチェック制度では、労働者が50名以上いる事業場では1年に1回、労働者へのストレスチェックの実施が義務付けられました。 事業者は、労働者に対して、医師・保健師・精神保健福祉士などの実施者によるストレスチェックを行う必要があります。...