今回はストレスチェックの評価方法となる素点換算法と単純合計計算法についてご紹介します。

基本的な高ストレス者の選定基準として、

①「心身のストレス反応」に関する項目の評価点の合計が高い者

②「心身のストレス反応」に関する項目の評価点の合計が一定以上であり、かつ「仕事のストレス要因」及び「周囲のサポート」に関する項目の評価点の合計が著しく高い者

とされています。素点換算法と単純合計計算法はその評価点を算出するために用いられています。

素点換算法とは?

素点換算法とは、調査票の各質問項目への回答の点数を、素点換算表により尺度ごとに5段階評価(ストレスの高いほうが1点、低いほうが5点)に換算し、その評価点の合計(または平均)を基準に用います。

この素点換算表に当てはめて評価点を出します。

また、高ストレス者の選定基準は下記の通りです。

・【ストレスによっておこる心身の反応】の評価点の合計が 12 点以下(最低点は1×6=6点)であること
・【ストレスの原因と考えられる因子】と【ストレス反応に影響を与える他の因子】の合算の評価点の合計が 26 点以下(最低点は1×9+1×3=12 点)であり、かつ【ストレスによっておこる心身の反応】の評価点の合計が 17 点以下であること

※素点換算法では評価点の合計が低いほどストレスの程度が高くなります。

単純合計計算法とは?

単純合計計算法は、名前の通り調査票を基に合計点数を算出するもので、4段階評価(ストレスの高いほうが1、低いほうが4)になります。気をつけるポイントとして、質問の一部に「点数が低いほどストレスが高い」と評価すべき質問が混ざっており、この場合点数を逆転して足していかなければなりません。

また、高ストレス者の選定基準は以下の通りです。

・【ストレスによっておこる心身の反応】の評価点の合計が 77 点以上(最高点は4×29=116点)であること
・【ストレスの原因と考えられる因子】と【ストレス反応に影響を与える他の因子】の合算の評価点の合計が 76 点以上(最高点は4×17+4×9=104 点)であり、かつ【ストレスによっておこる心身の反応】の評価点の合計が 63 点以上であること

まとめ

素点換算法と単純合計計算法についてご紹介しました。それぞれのメリットとして、

素点換算法・・・分析ツール(プログラム)が必要ですが、個人プロフィールとの関連がわかりやすく、尺度ごとの評価が考慮されている

単純合計計算法・・・、単純に合計して得られる評価点を基準に用いるため、特別な手順によらず算出することが可能

当センターではどちらの計算方法でもご対応可能ですので、ご相談ください。

ストレスチェックの導入や業者変更を考えられているご担当者様がいらっしゃいましたら、『見積フォーム』よりお問合せください!所要時間3分で簡単お見積りができます!当センターのストレスチェックサポートではご担当者様にご用意していただくのは受検者リストのみとなっており、ご負担の削減が可能です!ぜひご検討ください。