健康経営とは、健康管理を経営的視点から考え、 戦略的に実践することを意味しています。 経済産業省が東京証券取引所と共同で、健康経営に関する優良企業の認定・表彰を行っています。 こういった活動を通じて、企業による「健康経営」の取組を促進しています。

健康経営ってどんなメリットがある?

従業員の生産性の向上

いかに能力のある従業員であっても健康状態の悪い場合、生産性が低下します。従業員の労働時間の適正管理や空調・照明などの環境を改善することにより、 従業員の生産性の向上につながります。また、このような事業者側からの配慮自体が、従業員の自社への愛着・従業員満足度向上となり、結果、モチベーション・生産性の向上につながります。さらに、こういった活気ある従業員が多い企業は、消費者・顧客などにより良いブランドイメージを想起させ、業績や顧客満足度などにも影響を与えます。こういった取り組みを行っている企業には、就職希望者が増える傾向にあり、優秀な人材を獲得しやすくなるという効果もあります。

企業の損失リスクの低減

「健康経営銘柄」に選定された企業では、メンタルヘルス不調対策や、長時間労働対策、適正飲酒対策などを講じることで健康保険組合の医療費が減少しています。

健康経営ってどう実践すればいい?

「健康経営銘柄」の認定における必須要件のチェック

まず、自社の現状を把握するために「健康経営銘柄」の選定する際の必須要件を確認してみてはいかがでしょうか。「定期検診の受診率」「ストレステックの実施」「ワークライフバランスへの取り組み」等が項目例としてあがります。

他の企業の職場改善事例を参考に実践

他社の職場改善事例を参考に自社にあった取り組みを実践するのも一つの方法ではないでしょうか。例えば、「健康経営銘柄2020」に選定された企業の活動は、「健康経営銘柄」の取得を考えている企業にとっては一つの指標とも成り得ます。

健康経営とストレスチェック

「健康経営銘柄」の認定要件にもあるストレスチェックですが、企業にとってのストレスチェックの意義はどこにあるのでしょうか。それは、「会社の健康状況の把握」にあると考えます。 ストレスチェックを通して集団分析等を実施することにより、「数値化された職場のストレス傾向」から、「自社の経営課題」を把握することが可能です。そこから職場改善に繋げることで、従業員の心と体の健康だけでなく、会社の価値向上にもなります。毎年「義務だからやる」のではなく「会社のためにやる」ことでより有意義なものになるのではないでしょうか。

ストレスチェックサポートセンターの概要は『こちら』

当センターのストレスチェックサポートではご担当者様にご用意していただくのは受検者リストのみとなっており、ご負担の削減が可能です!ぜひご検討ください。 ストレスチェックの導入や業者変更を考えられているご担当者様がいらっしゃいましたら、『見積フォーム』よりお問合せください!所要時間3分で簡単お見積りができます!

見積フォーム

資料請求はこちらから! 申込書や受検者リストのテンプレートも現在無料で公開しております。

資料請求

ストレスチェック制度や健康経営についてご不明点等ございましたら下記よりお気軽に問い合わせください。

問い合わせ