近年、過労死やうつ病等の心身の疾患の原因となる長時間労働が問題視されています。長時間労働は国が掲げる働き方改革の中でも重要な課題のひとつです。
今回は、長時間労働が及ぼす心身への影響や、労働時間を減らすための改善策をご紹介します。

ストレスチェックサポートセンターの概要は『こちら』

長時間労働の基準とは?

長時間労働に法的な定義は実はありません。それでは何を基準に長時間労働と判断されるのでしょうか?

労働基準法では、労働時間は1日8時間、週40時間までとされています。しかし、業種や時期によって、法定労働時間を超えて勤務することが認められる「36協定」というものがあります。この36協定が長時間労働か否かを判断する目安とされています。

36協定についてはこちらの記事をご確認ください。
参考:厚生労働省 36協定指針

時間外労働が月45時間を超えると健康障害のリスクが少しずつ上がり、月100時間以上、または2~6か月間の時間外労働の平均が80時間を超えると脳や心臓疾患のリスクがかなり上昇する「過労死ライン」といわれています。

関連記事
『安全配慮義務とストレスチェック』

長時間労働による心身への影響

長時間労働が続き、十分な睡眠や休息が取れないことでストレスがたまりやすくなります。
このストレスを放置し、さらに長時間労働が続いた場合に考えられるリスクは、

・過労死

・自殺

・うつ病等の精神疾患

等が挙げられます。
これらの問題が発生した際には、労働者だけではなく会社にも影響があります。ストレスがたまっている社員が多い場合は社員の定着率や生産性の低下につながり、休職者や退職者が出た場合には採用等のコストもかかります。

関連記事
『メンタルヘルス不調とは?どのような症状がある?』

労働時間を減らす改善策

労働時間を減らすための改善策をご紹介していきます。

 

勤怠管理システムの導入

労働者の労働時間の管理や、労務管理の業務効率向上をはかることができます。ほかにも、入退室記録をつけることでいつも遅くまで残っている人等が分かりやすくなります。

 

フレックスタイム制やノー残業デーの導入

フレックスタイム制により柔軟な働き方が可能となり、残業時間が減ることで労働者のモチベーションアップやストレスの軽減につながります。

 

残業をしない風土づくり

上司や同僚が残業しているので帰りづらいという人もいるでしょう。会社として早く帰れるときは帰るよう呼びかけ、労働者の残業への意識を変えることが大事です。

 

ストレスチェックの実施

年に一度ストレスチェックを実施し、自身のストレスと向き合う機会をつくり、働き方や職場環境を見直しましょう。ストレスチェックを”義務”としてではなく、労働者の健康を守るために実施し、意味のあるものにしてください。

関連記事
『事例を紹介します!メンタルヘルス対策って具体的に何をすればいい?』
『ストレスチェックを意味のあるものにするには何をすればいい?』

まとめ

今回は長時間労働による影響と労働時間を減らす改善策をご紹介しました。長時間労働は自殺や精神疾患の直接的な原因になるとされています。この記事が長時間労働改善のためのヒントになれば幸いです。

当センターのストレスチェックサポートではご担当者様にご用意していただくのは受検者リストのみとなっており、ご負担の削減が可能です!ぜひご検討ください。 

資料請求はこちらから! 申込書や受検者リストのテンプレートも現在無料で公開しております。

資料請求

ストレスチェック制度についてご不明点等ございましたら下記よりお気軽に問い合わせください。

問い合わせ

ストレスチェックの導入や業者変更を考えられているご担当者様がいらっしゃいましたら、『見積フォーム』よりお問合せください!所要時間3分で簡単お見積りができます!

個人情報の利用目的と管理について お預かりした個人情報は当社へ問い合わせ対応のため使用します。お預かりした個人情報は管理責任者を責任者と定め漏洩等の事故防止対策をとります。 個人情報の第三者への提供 ご提供頂いた情報は、法律による場合ならびに公的機関からの要請を受けた場合を除き、本人の了承なしに第三者に提供することはありません。 情報提供の任意性 情報の提供は任意ですが、ご了解いただけない場合には問い合わせに回答できませんのでご承知置きください。 個人情報のご相談、苦情、開示など この個人情報は、開示対象の個人情報に該当しており、情報の開示等に関しては、適切な本人確認を行わせていただいたうえで対応させていただきます。 個人情報のお問合せ、ご相談、苦情、開示、訂正・追加・削除、または利用の停止・消去、第三者への提供の停止等をご希望の方は、下記にお申出ください。 また、ご希望の処置の全部または一部に応じられない場合はその理由をご説明いたします。

連絡先 〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目5番6号 桜橋八千代ビル4階 シー・システム株式会社 苦情相談窓口 宛
Mail: info@stresscheck-s.com  TEL 06-6136-5969