今回はストレスチェックにおける産業医の役割についてご紹介します。
労働者が常時50名以上の事業場では産業医の選任が義務づけられています。産業医とは、医学的な立場から労働者の健康保持増進や職場環境改善のためのアドバイスをする医師のことです。

ストレスチェックにおける産業医の役割

ストレスチェックにおける産業医の役割は主に3つあります。

実施者就任
関連記事⇒『ストレスチェックの実施者と実施事務従事者って?役割は違う?』

高ストレス者の面接指導
関連記事⇒『高ストレス者の面接指導とは?』

衛生委員会の参加
関連記事⇒『衛生委員会とは?設置の義務はある?』

産業医は、ストレスチェックの実施者として、高ストレス者の選定基準や面接指導が必要かどうかの判断、ほかにも調査票の選定や評価方法の設定等を決める必要があります。
また、高ストレス者から面接指導の申込みがあった際は迅速に対応します。

ストレスチェック関係以外でも産業医の役割として、職場巡視や健康診断の実施等もあり、企業にとってかかせない存在です。

 

産業医がいない場合は?

選任の産業医がいなかったり、専属や嘱託産業医にストレスチェック実施者就任を断られた場合は、産業医紹介サービスや産業保健総合支援センター等を利用し、実施者の就任を依頼しましょう。

また、当センターにはパートナー医師・精神保健福祉士が多数在籍しており、実施者の就任も可能です。ストレスチェックの事前準備から医師との面接指導までトータルでサポートすることが可能です!是非ストレスチェック導入をご検討ください。

ストレスチェックの導入や業者変更を考えられているご担当者様がいらっしゃいましたら、『見積フォーム』よりお問合せください!所要時間3分で簡単お見積りができます!当センターのストレスチェックサポートではご担当者様にご用意していただくのは受検者リストのみとなっており、ご負担の削減が可能です!ぜひご検討ください。

資料請求はこちらから!
資料請求

お問い合わせもお気軽にどうぞ!
問い合わせ