今回はワークエンゲージメントについてご紹介します。ワークエンゲージメントを高めることによって得られるメリットや高める方法について解説していきます。

ワークエンゲージメントとは、心の健康度を示す指標の一つであり、仕事に関してポジティブで充実した心理状態であり、『活力』、『熱意』、『没頭』の3つの要素を満たしている状態のことと定義されています。これら3つを高めることで仕事に対する意欲や生産性の向上、メンタルヘルス対策等に役立ちます。このワークエンゲージメントは、ストレスチェックの80項目版で測定することが可能です。また、ワークエンゲージメントとは反対の意味で『バーンアウト(燃え尽き症候群)』という言葉もあります。

ワークエンゲージメントを高めることで得られるメリット

ワークエンゲージメントを高めることによって、

①生産性の向上

②離職率の低下

③メンタルヘルス対策になる

④組織の活性化

⑤顧客満足度の向上

等、これらのメリットを得ることができます。

ワークエンゲージメントを高める方法

ワークエンゲージメントを高めるには『仕事の資源』と『個人の資源』これら二つの要素に対策する必要があります。

・仕事の資源

従業員に成長の機会が与えられ成長を実感させることや、上司からのフィードバックやコーチングでモチベーションを高める等、仕事の資源が大きくなることでワークエンゲージメントも高まるとされています。

・個人の資源

仕事とプライベートの両立や、目標設定から達成までに何をするか等、ポジティブなことを考えてモチベーションを保つことでワークエンゲージメントも高まるとされています。

まとめ

ワークエンゲージメントを高めることにより、従業員の仕事に対するパフォーマンスの向上や、ストレスの軽減によりメンタルヘルス対策にも役に立ちます。これらの要因により生産性の向上や離職率の低下等、組織の活性化に繋がります。

当センターではストレスチェックの80項目版も取扱っており、ワークエンゲージメントについてのフィードバックもさせていただいております。この機会にぜひお求めください。

参考 『厚生労働省 ホームページ』

ストレスチェックの導入や業者変更を考えられているご担当者様がいらっしゃいましたら、『見積フォーム』よりお問合せください!所要時間3分で簡単お見積りができます!当センターのストレスチェックサポートではご担当者様にご用意していただくのは受検者リストのみとなっており、ご負担の削減が可能です!ぜひご検討ください。