ストレスチェックにおける産業医の選び方


ストレスチェックにおける産業医の役割とは?

ストレスチェックの実施義務は事業者にあります。一方、実際に実施代表者となるのは、事業所の事情を把握している産業医、保健師、精神保健福祉士の方となります。多くの事業者の方は、自社の産業医にストレスチェックの実施を依頼しようと考えていると思います。しかしながら、お客様からのご相談に対応させていただいている中で、『産業医の先生にストレスチェックを実施してもらえない』というお悩みを多く伺います。

なぜ、産業医の多くはストレスチェックを避けるのか?

精神科を専門にしている産業医は少ない

約8万人いるとされる産業医の中で、精神科を専門にしている産業医は多くありません。そして、専門ではないメンタルヘルスへの対応で訴訟のリスクなどを避けるために、ストレスチェックへの関与を断る状況が多発していると考えられます。

副業としての産業医は多く時間をかけられない

産業医の多くは、自身の病院やクリニックと産業医とを掛け持ちされている場合が多く、わずかな時間で副業としての産業医活動を行っています。そのため、慎重に取り扱わなければならないメンタルヘルスを限られた時間で対応することは、産業医にとって負担が多くなり過ぎる場合があります。

では、事業者はどうすればよいか?

まず、重要なことは貴社の産業医の先生にストレスチェック制度に関する意向を伺うことが大切です。ストレスチェックの受診・面接指導などの業務へ対応していただけるかを確認してください。その後、産業医の先生が一部の業務を担当される場合やストレスチェックへの関与を断る場合は、以下の対応を検討する必要があります。

ストレスチェック業務の一部を外部機関に委託する

外部機関に業務の一部を委託することで、ストレスチェックの実施データの回収・集計・分析などの事務処理の削減につながり、産業医の先生の負担を軽減することができます。

精神科専門の医師を雇うor産業医をかえる

ストレスチェックは今後も継続される制度です。そのため、産業医とは別に精神科専門の医師を顧問などかたちで雇うという方法もあります。または、労働安全衛生分野やメンタルヘルスにも精通した医師に事業所の産業医を依頼することも検討してみてください。