喫煙はストレス解消になる?

喫煙はストレス解消になる?

近年の調査や研究で、喫煙はうつ病などの精神疾患に罹るリスクを高めることが明らかになってきました。喫煙による身体への影響はストレスだけでなく、がんや脳卒中、肺炎などさまざまな病気のリスクも高めると言われています。 今回は喫煙とストレスの関係についてご紹介します。 『ストレスチェックサポートセンターの概要はこちら』 喫煙でストレス解消できるって本当?...
【2021年度】健康経営とストレスチェック

【2021年度】健康経営とストレスチェック

健康経営とは? 健康経営とは、健康管理を経営的視点から考え、 戦略的に実践することを意味しています。 経済産業省が東京証券取引所と共同で、健康経営に関する優良企業の認定・表彰を行っています。 こういった活動を通じて、企業による「健康経営」の取組を促進しています。 健康経営ってどんなメリットがある? 従業員の生産性の向上 いかに能力のある従業員であっても健康状態の悪い場合、生産性が低下します。従業員の労働時間の適正管理や空調・照明などの環境を改善することにより、...
ストレスチェック実施後の結果の取扱いについて

ストレスチェック実施後の結果の取扱いについて

ストレスチェックは常時使用する労働者が50名以上の事業場で実施する義務があります。ストレスチェック実施後、「個人の結果は誰かに開示される?」「結果を確認した後は破棄していいの?」等、疑問に思われる方もいらっしゃるかと思います。今回は、ストレスチェック実施後の結果の取扱いや保存期間についてご紹介します。 ストレスチェックの個人結果は誰に・どこまで開示される? 誰に開示される?...
ストレスチェック制度における罰則とは?

ストレスチェック制度における罰則とは?

2015年12月より、常時使用する労働者が50名以上の事業場では1年に1回、ストレスチェックの実施が法律で義務化されました。法律上で義務が課せられるのは事業者となっています。今回は、ストレスチェック制度において、違反があった場合にどのような罰則があるのかをご紹介します。 どのような罰則がある? ストレスチェック制度に関して、違反があった場合の罰則をいくつかご紹介します。 労働基準監督署への報告を怠った場合...
ストレスチェック実施の手引き

ストレスチェック実施の手引き

現在、ストレスチェックは常時使用する労働者が50名以上の事業場で実施が義務づけられており、50名以下の場合は努力義務とされています。新しい労働者が増えて50名以上となり、ストレスチェック実施の義務が生じ、どうすればいいか分からないという方もいらっしゃるかと思います。今回は、ストレスチェック実施の準備から労働基準監督署への報告までの流れをご説明いたします。 産業医の選任・衛生委員会の設置 産業医の選任...
集団分析における「仕事のストレス判定図」とは?

集団分析における「仕事のストレス判定図」とは?

今回はストレスチェックの集団分析における「仕事のストレス判定図」について、当センターのサンプル資料を用いて見方などをご紹介します。 仕事のストレス判定図とは? 「仕事のストレス判定図」とは、一定集団(職場や部署など)を対象に、仕事上のストレス要因を評価し、従業員にどのような影響を与えているのか判定するものです。 この仕事のストレス判定図から分かるストレス要因は、 ・仕事の量的負担 ・仕事のコントロール ・上司の支援 ・同僚の支援...