今回はストレスチェックの集団分析における「仕事のストレス判定図」について、当センターのサンプル資料を用いて見方などをご紹介します。

「仕事のストレス判定図」とは、一定集団(職場や部署など)を対象に、仕事上のストレス要因を評価し、従業員にどのような影響を与えているのか判定するものです。

この仕事のストレス判定図から分かるストレス要因は、

・仕事の量的負担

・仕事のコントロール

・上司の支援

・同僚の支援

以上の4つです。
これらをもとに「量・コントロール判定図」と「職場の支援判定図」を2つの図として表したものが仕事のストレス判定図です。

仕事のストレス判定図の見方

これは当センターが作成した仕事のストレス判定図のサンプルです。画像左側の2つの図が「量・コントロール判定図」と「職場の支援判定図」です。

「量・コントロール判定図」では、仕事の量的負担と仕事のコントロールを要因としたストレス度が分かり、「職場の支援判定図」では、上司の支援と同僚の支援を要因としたストレス度が分かります。
判定図では、黄色・オレンジ・赤色に近いほどストレス度が高いという状態を表しています。
※「仕事の量的負担」に関しては、採点方法の関係で逆転しています。

各数値についてですが、数字が赤色の場合は全国平均に比べて「ストレス度が高い」状態、青色の場合は全国平均に比べて「ストレス度が低い」状態です。

このサンプルでは、総合健康リスクが「119」であるため、全国平均と比較して19%従業員の健康に影響を与える可能性が高いということになります。

関連記事
『集団分析における「健康リスク」とは?』
『ストレスチェックにおける「全国平均」とは?』
『ストレスチェックにおける素点換算法と単純合計計算法』

まとめ

今回は「仕事のストレス判定図」についてご紹介しました。この仕事のストレス判定図では、集団ごとのストレス要因や特徴等を把握することができます。ぜひ今後の職場改善に役立ててほしいと思います。

当センターのストレスチェックサポートではご担当者様にご用意していただくのは受検者リストのみとなっており、ご負担の削減が可能です!ぜひご検討ください。
ストレスチェックの導入や業者変更を考えられているご担当者様がいらっしゃいましたら、『見積フォーム』よりお問合せください!所要時間3分で簡単お見積りができます!

見積フォーム

※6/30までに新規お申込みをいただいたお客様には値引きキャンペーンを実施しています!詳しくはお問い合わせください。

資料請求はこちらから!
資料請求

お問い合わせもお気軽にどうぞ!
問い合わせ