ストレスチェック制度の目的の一つとして、『検査結果を集団ごとに集計・分析し、職場におけるストレス要因を評価し、職場環境の改善につなげる』というものがあります。集団ごとに集計・分析することで、どの部署に高ストレス者が多いかが分かり、改善のきっかけとなります。今回はその集団分析の重要性についてご紹介します。

集団分析とは?

上記でも述べた通り、集団分析とは、個人のストレスチェック結果を部署やグループの集団ごとに集計・分析し評価するものです。これを行うことにより、高ストレス判定者が多い部署が明らかになります。『ストレスチェックにおける高ストレス者とは?』 その結果、該当部署の業務内容や労働時間等、ほかの情報と合わせて評価し、仕事の量的・質的負担や職場の健康リスクが高かったり、周囲からの社会的支援が低かったりすると、職場環境等の改善が必要となります。集団分析における「健康リスク」とは?

集団分析はなぜ重要?

ストレスチェックは個人情報を守ることが重要であり、結果は本人の同意がない限り事業者に開示されることはありません。しかし、事業場は結果が分からなければ職場環境の改善ができません…。そこで活用されるのが集団分析です。集団分析であれば、個人を特定されることなく、部署単位や男女・年齢別のストレスの状況を明らかにすることができ、職場改善に生かすことができます。

現状、集団分析は努力義務とされていますが、職場環境を改善するためには実施するのが望ましいでしょう。

集団分析の注意点

集団分析は個人の結果が特定されないようにする必要があり、3人以下の部署やグループでは集計・分析をすることはできません。また、ストレスチェック、集団分析の結果は、毎年の経過を見て職場改善に活かす必要があるため、5年間保存しておくことが望ましいとされています。

さいごに

今回はストレスチェックにおける集団分析の重要性についてご紹介しました。制度的には集団分析は努力義務とされていますが、職場改善には欠かせないものです。職場改善のため実施することを推奨します。

当センターではストレスチェックの組織分析レポートを無料で作成しております。これからストレスチェック導入を考えている企業様、もしくは業者変更を考えている企業様はぜひご検討ください!『見積フォーム』⇇所要時間3分で簡単お見積りが可能です!

資料請求は『こちら』 から!